【Vagrant】自動起動・終了方法(vagrant up/vagrant halt)

スポンサーリンク
アイキャッチ 猫windows
スポンサーリンク

パソコンを起動するときにVagrant(仮想サーバー)を毎回手動で起動し、シャットダウン時に終了するのは面倒ですよね。
今回はその手間をなくすため、自動的にVagrantを起動・終了する方法を紹介します。
実行環境:Windows10

スポンサーリンク

Vagrant自動起動方法

Vagrantを自動起動するには、起動コマンドを記述したBATファイルをスタートアップフォルダに保存することで実現できます。

BAT(バッチ)ファイル作成

起動時に処理するBATファイルを作成します。
以下をメモ帳などのテキストエディタにコピペし、ファイルの拡張子は「bat」にしてください。

ファイル:vagrant_start.bat

cd [Vagrant_Path]
vagrant up

[Vagrant_Path]:ファイルが存在するディレクトリ

スタートアップを表示する

作成したBATファイルをスタートアップに設定するために、スタートアップフォルダを表示します。

表示方法を2つ紹介しますが、どちらの方法でも結構です。

エクスプローラから起動

エクスプローラから起動する場合、エクスプローラのアドレスバーにこちらのパスを入力してください。

C:\Users\「UserName」\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

「UserName」:PCにログインしているユーザ名

エクスプローラからスタートアップを起動

もしくはアドレスバーに「スタートアップ」と入力して、エンターを押しても表示できます。

ファイル名を指定して実行 から起動

ファイル名を指定して実行する場合、
1.「windowsキー」+「R」を入力
2.「shell:startup」と入力
3.「OK」をクリック

すると、フォルダが表示されます。

ファイル名を指定して実行

どちらからでも、このようにスタートアップのフォルダを表示できます。

スタートアップに設定

「Bat(バッチ)ファイルの作成」で作成したファイルをスタートアップのフォルダに置きます。

スタートアップにバッチファイルを配置

これで次回からパソコンを起動したときにVagrantを自動的に起動することができます。

スポンサーリンク

Vagrant自動終了方法

終了時も、以下のBATファイルでVagrantを終了できます

ファイル名:vagrant_close.bat

cd [Vagrant_Path]
vagrant halt

BATファイルをシャットダウン時に実行する方法は、以下のどちらかを参考にしてください。

・「ローカルグループポリシーで設定」する方法

・「タスクスケジューラーで設定」する方法

スポンサーリンク

最後に

今回は自動的にVagrantを起動・終了する方法を紹介しました。

何かの参考になれば幸いです。それでは♪

本ブログで一押しのオンラインスクールのご紹介♪




本ブログで一押しのオンラインスクール「Udemy」
筆者も利用しているスクールで、日頃の隙間時間に好きな講座が学べるので大活躍です♪

ジャンルが豊富で学びたい講座がきっとみつかる

AI・データサイエンスなど最先端のIT技術からプレゼンなどビジネススキルに関する講座まで15.5万以上(※海外講座含む)あるため、自分が学びたい講座をみつけることができます

お手頃な価格帯

1講座あたり数千~数万円程度で実践的なスキルアップが可能です。
講座は一度購入すれば視聴期限なく受講でき、30日返金保証もついているので安心して始めることができます。

学びやすい多彩な機能

0.5~2倍の変速機能で自分のペースで受講が可能、専用アプリを使えばスマホからオフライン環境でも視聴が可能です!
また、講師に直接掲示板から質問ができるので疑問を解決し自学自習をサポートしてくれます。

購入前に視聴できますので、是非興味のある方は↓をクリックしてみてください。




windowsコマンドプロンプトプログラミング
スポンサーリンク
nyanblog
タイトルとURLをコピーしました