windows
アイキャッチ 猫

こんにちは。前回はタイトルの方法1つめとして、「バッチファイルにシャットダウンのコマンドを設定」する方法をご紹介しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

今回は「ローカルグループポリシーで設定」する方法をご紹介します。

ローカルグループポリシーで設定

ローカルグループポリシー エディタを表示

ローカルグループポリシー エディタを表示させていきます。
まずは、「Windows」キー+「R」キーを押します。

名前欄に「gpedit.msc」を入力して「OK」をクリックします。

ファイル名を指定して実行

また、こちらの画面は
スタートボタンを右クリック→「ファイル名を指定して実行」を選択
でも表示されます。

すると、こちらの画面「ローカルグループポリシー エディター」が表示されます。

ローカルグループポリシーエディタを表示

シャットダウンプロパティを表示

続いて、左のツリーから辿って、シャットダウンプロパティを表示させます。

上から
「コンピューターの構成」
「Windowsの設定」
「スクリプト(スタートアップ/シャットダウン)」
を順番に選択すると、
右画面に「スタートアップ」と「シャットダウン」が表示されます。

ローカルグループポリシーエディターからシャットダウンプロパティを表示

「シャットダウン」をダブルクリックして、「シャットダウンのプロパティ」を表示させます。

シャットダウンプロパティ

スクリプトの追加

シャットダウンのプロパティ画面より、「追加」をクリックします。

シャットダウンプロパティより追加をクリック

「スクリプトの追加」画面が表示されるので、「参照」をクリックして実行したいファイルを選択してください。

「スクリプトのパラメーター」は実行時の引数を設定することができます。

スクリプト名設定

「OK」ボタンを押して、「シャットダウンのプロパティ」画面に戻りましょう。

赤枠のようにファイル名が設定されていることを確認したら、「OK」をクリックして設定は終了です。

ファイルの設定を確認

使用できる条件

この機能は制約があり、使用できない場合は主に2つあります。

  • 高速スタートアップ有効時は使用できない
  • Windows10 Homeなど、Professionalより下のエディションだとローカルグループポリシーでの設定ができない

そのため、「シャットダウンしても実行されていない」と疑問に感じた際はこちらの理由を疑ってみてください。

利点と欠点

利点:
UIでの操作で設定が少なく、簡単

欠点:
使用できる条件が3つの中で一番厳しい

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回の方法はUIの操作だけで簡単に設定できるのですが、制約が多いところだけが残念です。
条件さえ満たしていれば簡単にできるので、良かったら試してみてくださいね!