【C#】配列からリスト(List)、リスト(List)から配列へ変換

スポンサーリンク
アイキャッチ 猫C#
スポンサーリンク

今回はC#で使用する配列とリスト(List)のそれぞれの変換方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

配列とリストの違い

配列とリストの主な違いは要素数、データの箱の数が固定か可変かどうかです。

配列の場合は宣言時に要素数を指定するため、要素数が固定である必要があります。
また、2次元配列、3次元配列…のように多次元配列を容易に扱うことができます。

一方でリストの場合は要素数の指定がなく、
要素の追加、削除を自由にできるため、要素数を動的に変更することができます

スポンサーリンク

配列からリスト(List)への変換

配列からリストに変換する方法をご紹介します。

配列 string[] からリスト List<string> に変換するには
コンストラクタの引数に配列 string[] を渡すことで変換することができます。
※ ここでは例で型をstringで説明しています。

以下の例では1行目で配列を初期化し、2行目でリストを宣言して配列からリストに変換しています。

string[] array = {"apple", "orange", "grapes"};
List<string> list = new List<string>(array);
スポンサーリンク

リスト(List)から配列への変換

リストから配列に変換する方法をご紹介します。

リスト List<string> から配列 string[] に変換するには
配列が持つメソッド ToArray() で変換することができます。
※ ここでは例で型をstringで説明しています。

以下の例では1~4行目でリストを宣言・初期化し、6行目で ToArray() メソッドを使って配列に変換しています。

List<string> list = new List<string>();
list.Add("apple");
list.Add("orange");
list.Add("grapes");

string[] array = list.ToArray();

本ブログで一押しのオンラインスクールのご紹介♪




本ブログで一押しのオンラインスクール「Udemy」
筆者も利用しているスクールで、日頃の隙間時間に好きな講座が学べるので大活躍です♪

ジャンルが豊富で学びたい講座がきっとみつかる

AI・データサイエンスなど最先端のIT技術からプレゼンなどビジネススキルに関する講座まで15.5万以上(※海外講座含む)あるため、自分が学びたい講座をみつけることができます

お手頃な価格帯

1講座あたり数千~数万円程度で実践的なスキルアップが可能です。
講座は一度購入すれば視聴期限なく受講でき、30日返金保証もついているので安心して始めることができます。

学びやすい多彩な機能

0.5~2倍の変速機能で自分のペースで受講が可能、専用アプリを使えばスマホからオフライン環境でも視聴が可能です!
また、講師に直接掲示板から質問ができるので疑問を解決し自学自習をサポートしてくれます。

購入前に視聴できますので、是非興味のある方は↓をクリックしてみてください。




C#プログラミング
スポンサーリンク
nyanblog
タイトルとURLをコピーしました