Web制作

リダイレクトとは?

リダイレクトとは、 移転や閉鎖、URLが変更されたWebページに訪れたユーザに対し、自動的に新しいWebページへ転送することです。HTTPリダイレクト、URLリダイレクトとも言われています。

もし、別のURLで同じ内容のページが複数存在する場合、SEOとしては同じサイトとして扱われず、SEO評価が分散されてしまうため、不利となってしまいます。これは、httpとhttpsも同様のことが言えます。

リダイレクト設定

今回、常時SSL(https)化は設定されている想定で進めています。
まずは、wordpressフォルダ内の「.htaccess」ファイルを開きます。
※ 念のためバックアップしておくか、ローカルで編集することをおすすめします。

開くとこのような中身になっています。
#BEGIN WordPress とありますように、WordPress側で設定された内容になっています。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

このファイルを編集してリダイレクトの設定を行います。
注意点として、リダイレクトを設定する場所はファイルの一番先頭ということです。(#はコメントアウトの意味なので、実際には読まれません。)

# リダイレクトの設定 ここから
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>
# リダイレクトの設定 ここまで

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

これでhttpからhttpsへのリダイレクトされるようになりました。
確認してみてください。
※ 複数WordPressインストールしている場合はそれぞれファイルを更新してください。