【WordPress】httpからhttpsへリダイレクトする方法【サンプル】

スポンサーリンク
Web制作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リダイレクトとは?

リダイレクトとは、 移転や閉鎖、URLが変更されたWebページに訪れたユーザに対し、自動的に新しいWebページへ転送することです。HTTPリダイレクト、URLリダイレクトとも言われています。

もし、別のURLで同じ内容のページが複数存在する場合、SEOとしては同じサイトとして扱われず、SEO評価が分散されてしまうため、不利となってしまいます。これは、httpとhttpsも同様のことが言えます。

スポンサーリンク

リダイレクト設定

今回、常時SSL(https)化は設定されている想定で進めています。
まずは、wordpressフォルダ内の「.htaccess」ファイルを開きます。
※ 念のためバックアップしておくか、ローカルで編集することをおすすめします。

開くとこのような中身になっています。
#BEGIN WordPress とありますように、WordPress側で設定された内容になっています。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

このファイルを編集してリダイレクトの設定を行います。
注意点として、リダイレクトを設定する場所はファイルの一番先頭ということです。(#はコメントアウトの意味なので、実際には読まれません。)

# リダイレクトの設定 ここから
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>
# リダイレクトの設定 ここまで

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

これでhttpからhttpsへのリダイレクトされるようになりました。
確認してみてください。
※ 複数WordPressインストールしている場合はそれぞれファイルを更新してください。

本ブログで一押しのオンラインスクールのご紹介♪




本ブログで一押しのオンラインスクール「Udemy」
筆者も利用しているスクールで、日頃の隙間時間に好きな講座が学べるので大活躍です♪

ジャンルが豊富で学びたい講座がきっとみつかる

AI・データサイエンスなど最先端のIT技術からプレゼンなどビジネススキルに関する講座まで15.5万以上(※海外講座含む)あるため、自分が学びたい講座をみつけることができます

お手頃な価格帯

1講座あたり数千~数万円程度で実践的なスキルアップが可能です。
講座は一度購入すれば視聴期限なく受講でき、30日返金保証もついているので安心して始めることができます。

学びやすい多彩な機能

0.5~2倍の変速機能で自分のペースで受講が可能、専用アプリを使えばスマホからオフライン環境でも視聴が可能です!
また、講師に直接掲示板から質問ができるので疑問を解決し自学自習をサポートしてくれます。

購入前に視聴できますので、是非興味のある方は↓をクリックしてみてください。




Web制作WordPress
スポンサーリンク
nyanblog
タイトルとURLをコピーしました