コマンドプロンプト

inputファイルの大きさで境界値テストを行う際に便利な、指定サイズのファイルを作成する方法を紹介します。

ファイル作成コマンド(FSUTIL)

以下のFSUTILコマンドで指定サイズのファイルを作成します。
FSUTIL FILE CREATENEW [出力ファイル名] [ファイルサイズ]

例えば、10MBの容量のデータを作りたい場合、
このコマンド実行で10MBのファイルを作成することができます。
[ファイルサイズ]はByteなので、
10MB = 10*1024*1024 =10,485,760Byte です。

FSUTIL FILE CREATENEW TEST.txt 10485760

なおバイト換算の計算は、
以下のページから簡単にできますので、計算が苦手な方はご使用ください。
ke!san バイト換算(外部リンク

具体例

システムのinputファイルの許容サイズを50MBまでとするため、
ファイル読み込み時にファイルサイズのチェックをするケース。

今回、
①正常データ:許容サイズ
②異常データ:許容サイズ + 1Byte
を用意する必要があります。

具体的には、50MB = 50*1024*1024 =52,428,800Byte のため、
①52,428,800Byte
②52,428,801Byte
のファイルが必要となりますので、
今回は以下のFSUTILコマンドでinputファイルを作成します。

FSUTIL FILE CREATENEW InputFile_OK_50MB 52428800
FSUTIL FILE CREATENEW InputFile_NG_50MBOver1 52428801

結果

境界値データ作成結果

これでフリーソフト等を使わなくても、簡単に指定サイズのファイルを作ることができました。

まとめ

今回はFSUTILコマンドを使って、
指定サイズのファイルを作成する方法を紹介しました。

具体例で紹介したようなシステム構築時の境界値テストや、他社のソフトを使っていて許容サイズが知りたい時など、ふとしたときに知っていると役に立つコマンドかと思います♪