【初心者ブロガー必見】誰でも簡単に被リンクを増やす方法【努力不要】

スポンサーリンク
アイキャッチ 猫Web制作
スポンサーリンク

今回は初心者ブロガーで人見知りの筆者が、
実体験を元に、簡単な手続きで100%被リンクを作ることができる方法を紹介します。
※超初心者向けです!

スポンサーリンク

被リンクとは?紹介する方法について

被リンクはURLを他サイトにリンクしてもらうことです。
良質な被リンクはGoogleの上位表示に大きく影響を与えるといわれています。

被リンクを増やす最も効果的な方法は「良質な記事を書くこと」だといわれています。
ただし、ブログを始めたてだと、
そもそも読者がおらず検索サイトからの自然流入もないため、ほとんど見られることはありません。

かといって、SNSでブログ仲間を作って相互リンクしたり、他者のブログに寄稿することでリンクを載せてもらったりと、
被リンクを得るには他人と関わる必要があり、一定以上の積極性とコミュニケーション能力が求められます。
これはネット環境とはいえ、筆者のような人見知りにとって中々つらいところです。。

そこで今回紹介する方法は、
・記事の良し悪しが影響しない
・ブログ開設直後から実現でき、サイトのパワーランクに依存しない
・人と一切関わる必要がない
・一昔前の被リンクサイトのような、悪質な被リンクでない
・簡単な手続きを実践するだけで100%被リンク獲得

といった、本当に誰でも実現できる方法です。

もちろん、Google Search Consoleの被リンク認定もされる方法になります♪

スポンサーリンク

誰でも簡単に被リンクを増やす方法

筆者が実際に被リンクを得られた方法として以下があります。

  1. はてなブックマーク
  2. サブサイトとの相互リンク
  3. SNS
  4. 人気ブログランキング

Google Search Consoleでも①~④の通り、被リンク認定されています。
(このブログの被リンクはほぼ上記方法で入手しています……。悲)

サチコ

はてなブックマーク

はてなブックマークは日本最大のブックマーク共有サイトです。

当サイトでも以下のようにボタンを設置していますが、
サイトの記事をブックマークすることで、記事に対する被リンクを得ることができます。

はてなブックマーク

サブサイトとの相互リンク

相互リンクはガイドライン違反(悪質なリンク)と思われがちですが、
読者にとってリンクする価値のあるものである場合は良質なリンクと判断されるようです。

なので複数サイトを運営しており、読者にとってリンクする価値のあるものである場合
(例えば、プログラミング言語が中心のサイトと、ITを中心とした雑記ブログ等)
は、サブサイトと相互リンクをかけることができます。

もし、複数ブログを運営している場合はリンクしてみてください。
無料ブログからのリンクも、被リンク扱いされますよ。

ただ、無料ブログを大量に作って、いくつもリンクするのは作為的と判断され、
逆効果なのでご注意ください。
あくまで読者にとって意味のあるリンクであるかがポイントです。

SNS

皆さんご存知でしょうが、SNSとはWeb上のコミュニティサービスです。
当ブログでも更新情報発信のためにTwitterを利用しています。
みみねこ(@nyanpro2222)

そこでは、当ブログのリンクをつけたツイートを更新のたびにしていますが、
基本的にSNSはnofollow属性がついており、リンクを張っても被リンク扱いされません。

ただ、SNSでツイートした内容を拾ってくれるサイトがあります。
Twitterの場合、そのサイトがmeyou[ミーユー]というサイトです。

また、現状nofollow属性がついていないSNSもあります
それが、ピンタレスト:Pinterestというサイトです。
Instagramのような画像を中心としたSNSで、
Webサイトの画像をブックマークとして保存することで被リンクを得ることができます。

目を引く画像であればブックマークされやすいため、
アイキャッチにこだわっているサイトであれば是非登録することをおすすめします。

人気ブログランキング

ブログランキングとは、その名の通りブログを人気投票するランキングサイトです。

ブログランキングでは、
人気ブログランキングというサイトでのみ、被リンクが可能です。

当ブログではほかに、FC2ブログランキングブログ村ランキングに参加していますが、
Google Search Consoleを見ると、こちらは特に被リンク扱いではないようです。
(初めに貼ったGoogle Search Consoleの被リンク画像にある、
fc2.comはFC2ブログランキングからの被リンクではありません)

タイトルとURLをコピーしました