【Windows10】「アカウントを追加しましょう」をスキップする方法

スポンサーリンク
アイキャッチ 猫windows
スポンサーリンク

Windows10のパソコンを初期設定する際に出てくる「アカウントを追加しましょう」を、
Microsoft アカウントを作らずスキップする方法を紹介します。

アカウントを追加しましょう

スポンサーリンク

スキップする方法

Microsoft アカウントを作らずスキップする方法は、
インターネットに繋がず設定することです。

具体的には、以下の通り実施します。

1.ネットワークを切断する

・有線LANであれば、LANケーブルを抜く
・無線LANであれば、無線スイッチを切るor機内モードボタンを押す
(よく分からなければ、一度パソコンの電源を切って、
再度付け直して再設定するときにインターネットは設定せず進めばOKです)

例)機内モードボタン

機内モードボタン

2.左上の「←」ボタンをクリック

左上

3.完了

これだけでOKです。
成功していたら以下のように「このPCを使うのはだれですか?」とメッセージが出て、
次に進めます。

このPCを使うのはだれですか?

スポンサーリンク

Microsoft アカウントを登録しないと起きる問題

補足として、Microsoft アカウントを登録しないと起きる問題をいくつか紹介します。

・OneDrive(無料のクラウドストレージ)が使用できない

OneDriveとは、クラウドストレージを使用してデータ保管できるサービスです。
クラウドストレージはセキュリティ的に心配という方も多いので、あまり弊害はないかもしれません。

・Office Online(無料Web版Office)が使用できない

Office Onlineはブラウザ上でOfficeのWord・Excel・PowerPoint・OneDriveなどの機能の一部が使用できるサービスです。
機能は一部といっても簡単な文章の編集や、データ管理ができます。
データがOneDrive上(インターネット上)に保存される、というところに目を瞑れば非常に魅力的なサービスです。

・Microsoft Storeからアプリをダウンロードできない

Microsoft Storeとは、Microsoftが公開している様々なアプリのダウンロードサイトです。
利用せずともインターネット上に様々な優秀なフリーソフトが転がっているので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

・最新版のMicrosoft Officeがライセンス認証できない場合がある

種類によりますが、例えば「Microsoft Office Personal 2019 プレインストール版」では
ライセンス認証する際に必ずMicrosoft アカウントとの紐づけが必要になります。

本ブログで一押しのオンラインスクールのご紹介♪




本ブログで一押しのオンラインスクール「Udemy」
筆者も利用しているスクールで、日頃の隙間時間に好きな講座が学べるので大活躍です♪

ジャンルが豊富で学びたい講座がきっとみつかる

AI・データサイエンスなど最先端のIT技術からプレゼンなどビジネススキルに関する講座まで15.5万以上(※海外講座含む)あるため、自分が学びたい講座をみつけることができます

お手頃な価格帯

1講座あたり数千~数万円程度で実践的なスキルアップが可能です。
講座は一度購入すれば視聴期限なく受講でき、30日返金保証もついているので安心して始めることができます。

学びやすい多彩な機能

0.5~2倍の変速機能で自分のペースで受講が可能、専用アプリを使えばスマホからオフライン環境でも視聴が可能です!
また、講師に直接掲示板から質問ができるので疑問を解決し自学自習をサポートしてくれます。

購入前に視聴できますので、是非興味のある方は↓をクリックしてみてください。




windowsパソコン
スポンサーリンク
nyanblog
タイトルとURLをコピーしました