パソコン
アイキャッチ 猫

左利きの夫の「左手用のトラックボールが欲しい!」という強い要望により、
先日「M-XT4DRBK」を購入してみましたので、今回は使用感等を夫に聞きながら正直にレビューしていこうと思います♪

製品の特長、価格

ELECOM製のM-XT4DRBKは、以下のような特徴があります。

  • 唯一無二の左手用トラックボール
    左手用マウスはたくさんありますが、現在、左手用トラックボールは他にありません。
  • ワイヤレスマウス
  • ボタン数はホイールボタンも含め6個(ソフト「エレコム マウスアシスタント」で設定可

定価は11,715円(税込)と少しお高めですが、以下のようにAmazon等で購入すると半値以下です。
私は3,999円の時に購入しました。

エレコム マウス ワイヤレス (レシーバー付属) トラックボール 左手用 6ボタン ブラック M-XT4DRBK

使用感等レビュー

外観

M-XT4DRBKの箱の中に、
説明書・トラックボール本体・子機・単4電池1つ
が入っていました。

パッケージ

表面を見ると、
親指の位置にボール、人差し指・中指・薬指の位置にクリック可能なボタンがあります。
小指の位置にボタンはありません。
さらに、ホイールはクリック可能で、左右に動かすことでボタンとして使え、右上にもボタンが2つあります。
また、ホイールの下にポインターの移動速度を変えるスイッチがあります。

表

裏面を見ると、子機を入れる穴と、電池入れ、電源スイッチがあります。
電源スイッチは通常モードと省電力モードに切り替えることができます。

裏

サイズ

エレコム公式サイトには「幅94.7mm×奥行124.4mm×高さ47.9mm」とありますが、
実際に手をのせてみると以下のようなサイズ感です。

左:夫(男性) 右:私(女性)
男女

サイズは男性だとちょうど良い、もしくは少し大きく女性だと大きい印象です。
トラックボールだとマウスのように動かす必要がないので、多少大きくても問題ないのでしょう。
とはいえ、女性だと大きすぎて少し使いづらいため、男性向きという感じです。

ボタン設定(エレコム マウスアシスタント

インストール

ボタンは「エレコム マウスアシスタント」で設定できます。
インストールは簡単で、以下サイト下部の「許諾書に同意してダウンロード」よりダウンロードし、
その後、表示されたものを出てきた通りにクリックして進めていきます。
エレコム マウスアシスタント ダウンロードページ

インストール1

最後に再起動を求められるので、完了をクリックして再起動すればインストールは完了します。

インストール2

設定

「エレコム マウスアシスタント」の初期設定はこちらです。
デフォルト設定

ただし、初期設定だと普段のマウス操作と異なる(左クリックと右クリックが逆転している)ため、
以下の設定がおすすめです。
(左ボタン→右クリック 右ボタン→左クリック)

おすすめ設定
正直な使い心地

夫が1週間ほど使用しての感想です。
なお普段は、左利きですが普通の両利き用マウスを使っており、トラックボールもこれが初めてです。

  • サイズ
    初め少し大きく感じたが、2・3日で違和感はなくなった
    むしろ左手用ではないマウスと比べフィット感がある
  • カーソル移動
    初めし辛かったが、慣れると違和感はなくなった
    大きくカーソルを動かしたい時、作業環境が省スペースでも難なく動かすことができ、便利
    ただ、細かいカーソル移動は不適かもしれない(例えばミリ単位で画像をトリミングしたり)
  • 健康面(肩こりや腱鞘炎)
    トラックボールなので安心感はある
    ただし、元々マウスを使っていて健康面の問題を感じたことがないのでよく分からない

統括すると、特に大きなデメリットは感じずそれなりに快適に使えている、とのことでした。

あえてデメリットを述べるのであれば、
女性の私としては数日たってもやはり少し大きく感じたことでしょうか。
ボタンは左クリック・右クリック・ホイール等必要な機能のみとして、
よりサイズが小さくなったら女性でも使いやすいのにな、と思います。

最後に

今回は、唯一無二の左手用トラックボール「M-XT4DRBK」のレビューを紹介しました。
左手用トラックボールはこの製品しかなく、他製品と比べようはないですが、
それなりに安価かつ良品ですので、悩んでいる方は購入されるのはいかがでしょうか。

以上、今回の記事が何かの参考になれば幸いです。来訪ありがとうございました♪