どれが一番速い?PDF作成ソフト速度比較ランキング!【仮想プリンター】

スポンサーリンク
アイキャッチ 猫Web全般
スポンサーリンク
今回はフリーソフトのPDF作成ソフトで、どのソフトが一番速くPDF化できるか調査しました。 PDF作成ソフトの中でも、 オフラインで使えて汎用性のある仮想プリンターに焦点を当てて比較していきます! 今回比較するPDF作成ソフトはこちら。 フリーソフトの仮想プリンターで検索して、それぞれ実際に使ってみた結果、 適合したものが以下5つでした。
  • CubePDF
  • Microsoft Print to PDF
  • PDF Architect 8
  • PDFCreator
  • PrimoPDF
是非、大容量のPDFファイルを高速で作成する際は参考にしてください♪
スポンサーリンク

PDF作成ソフト速度比較ランキング

早速ですが、ランキングは以下になります。
  1. PDF Architect 8
  2. PDFCreator
  3. CubePDF
  4. Microsoft Print to PDF
  5. PrimoPDF
次項からは詳細になります。

比較方法

それぞれ画像付きの差し込みWordファイルを2万件、PDF作成しました。 参考として使用したデータは以下になります。 ・Excelデータ(差し込み元)
No名前
1にゃんこ1
¦  ¦
20000にゃんこ20000
・Wordデータ(差し込み先)
差し込み先Word


比較結果

結果は以下となりました。
 ソフト名作成時間ファイルサイズ備考
PDF Architect 84分14501KB他ソフトに比べ、格段に速い! ただ、PDF作成後にサインインを促すポップアップが出たり、インストール後、広告が出るようになったりと鬱陶しく感じる要素が多い。調べてもあまり情報が出てこない。
PDFCreator6分17505KBどこまでPDF化されているかパーセントで表示され、分かりやすい。
CubePDF7分10460KB国産で安心。
Microsoft Print to PDF12分17171KBWindows10だとデフォルトで入っている。 他ソフトはPDF作成ソフトに印刷データを送った後に、ファイル名等指定するダイアログが表示されるが、本ソフトは印刷データを送る前にファイル名等指定するため、PDF作成完了まで完全に放置できる
PrimoPDF21分19524KB
※作成時間は端数切捨て。ファイルサイズは参考として出していますが、 ソフトによってデフォルトの解像度が恐らく異なります。 このことから、速度だけならPDF Architect 8となりました。 ただ、失礼ですが少し怪しげなよく知らないソフトなので、私であればPDFCreatorを使うと思います。 PDF Architect 8をインストールしてから画面右下に、毎日以下の広告が表示されるようになりました……。 広告
タイトルとURLをコピーしました