【Go言語】環境構築

スポンサーリンク
go言語
スポンサーリンク

近年学びたい言語と話題が出ているGo言語について勉強しようと思い、インストールすることになりましたので、環境構築をご紹介します。

スポンサーリンク

開発環境

開発環境はこちらの表で用意しました。
MacでもLinuxでも同様にインストールできるようです。
(Go言語、エディタは2020/5/12時点の最新version)

OSWindows10 64bit
Go言語 version1.14.2
エディタVisual Studio Code 64bit 1.45.0
スポンサーリンク

Go言語 インストール

それでは、Go言語をインストールしていきましょう。
まずはGo言語のインストーラをダウンロードします。

コチラのサイトから、赤枠のMicrosoft Windows用のインストーラをダウンロードします。

Go言語 ダウンロード画面

ダウンロードが完了したら、ファイルをダブルクリックします。
ファイル名「go1.14.2.windows-amd64.msi」
※ verなど、多少異なっていても問題ありません。

画面の「Next」をクリックします。

Go言語 インストール画面

そのまま続けていけば、インストールできますが、
インストール先をデフォルトから変えたい場合、赤枠のパスを変更してください。

Go言語 インストール画面

インストールが無事に終わったら、正常に入っていることを確認するため、コマンドプロンプトを起動します。

「go version」と入力し、現在インストールされているversionの確認ができました。

go version
コマンドプロンプト go言語 確認
スポンサーリンク

Visual Studio Codeのインストール

続いて、Visual Studio Codeをインストールしていきます。
まずは、コチラのページから赤枠をクリックし、ファイルをダウンロードします。

VSCode ダウンロード

ダウンロードしたファイル「VSCodeUserSetup-x64-1.45.0.exe」をダブルクリックし、インストールを開始します。

セットアップ画面が開きましたので、
「同意する」にチェックをつけて、
「次へ」をクリックします。

VSCode セットアップ

インストール先を指定します。
特に変更する必要がなければそのまま「次へ」をクリックします。

VSCode セットアップ

スタートメニューにショートカットを作成します。
特にこだわりがなければ、このまま「次へ」をクリックします。

VSCode セットアップ

ここでは、インストール時の追加要素を選択することができます。

今回は変更していませんが、おすすめは以下の3つです。
・エクスプローラーのファイル コンテキストメニューに[Code で開く]アクションを追加する
・エクスプローラーのディレクトリ コンテキストメニューに[Code で開く]アクションを追加する
PATHへの追加

他のサイトでよくインストール作業の内容に関して、環境変数に設定する内容が記載されていますが、ここでPATHへの追加にチェックを入れておくと自分で作業する必要が無くなります。
そのため、チェックをつけた状態で「次へ」をクリックしましょう。

VSCode セットアップ

インストールの確認前画面です。
内容に問題なければ「インストール」をクリックしてください。

VSCode セットアップ

インストールが完了したら「完了」をクリックし、セットアップ画面を閉じてください。
これでVisual Studio Codeのインストールが完了です。

VSCode セットアップ
スポンサーリンク

Visual Studio Codeに拡張機能をインストール

Go言語開発のためにいくつか拡張機能をインストールしておきます。
まずはVisual Studio Codeを開いてみましょう。

左側のアクティビティバーにある、赤枠、拡張機能をクリックします。

Visual Studio Code

日本語化 [Japanese Language Pack for Visual Studio Code]

まずは、日本語化の拡張機能を入れていきましょう。
「Marketplace」「Japanese」と入力してください。

すると、「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」が出てきますので、インストールを行ってください。

locale.jsonで日本語に設定します。
「Ctrl」+「Shift」+「P」でコマンドパレットを起動し、
「configure」と入力します。

「Configure Display Language」と出てくるので、クリックします。

Visual Studio Code 日本語

「ja」(japanese)をクリックします。

Visual Studio Code 日本語

再起動するか確認するメッセージボックスが出ますので、「Restart」をクリックしてください。

Visual Studio Code 再起動

これで日本語化の完了です。

Go言語 [Go]

Visual Studio CodeでGo言語を開発するための拡張機能をインストールします。
先ほどと同じように左側のアクティビティバーから、拡張機能をクリックします。
「Marketplace」「Go」と入力し、「インストール」をクリックします。

Visual Studio Code Go

Go言語 [更新パッケージ]

続いて、Go言語の更新パッケージをインストールします。

「Ctrl」+「Shift」+「P」でコマンドパレットを起動し、
「GO: Install/Update tools」と入力します。

Visual Studio Code Go

全ての項目にチェックをつけ、「OK」をクリックします。
赤枠の上のチェックボックスをクリックすると、全チェックになります。

少し待つと、赤線のように「All tools successfully installed.」と出力されたら完了です。
これでデバッグ等もできるようになりました。

スポンサーリンク

まとめ

これでGo言語開発に伴う環境構築が終わりました。
次回は実際にソースを記述してプログラムを動かしていきたいと思います。

本ブログで一押しのオンラインスクールのご紹介♪




本ブログで一押しのオンラインスクール「Udemy」
筆者も利用しているスクールで、日頃の隙間時間に好きな講座が学べるので大活躍です♪

ジャンルが豊富で学びたい講座がきっとみつかる

AI・データサイエンスなど最先端のIT技術からプレゼンなどビジネススキルに関する講座まで15.5万以上(※海外講座含む)あるため、自分が学びたい講座をみつけることができます

お手頃な価格帯

1講座あたり数千~数万円程度で実践的なスキルアップが可能です。
講座は一度購入すれば視聴期限なく受講でき、30日返金保証もついているので安心して始めることができます。

学びやすい多彩な機能

0.5~2倍の変速機能で自分のペースで受講が可能、専用アプリを使えばスマホからオフライン環境でも視聴が可能です!
また、講師に直接掲示板から質問ができるので疑問を解決し自学自習をサポートしてくれます。

購入前に視聴できますので、是非興味のある方は↓をクリックしてみてください。




go言語プログラミング
スポンサーリンク
nyanblog
タイトルとURLをコピーしました