コマンドプロンプト

cdコマンドは、現在のディレクトリを変更するコマンドです。
「cd」でも「chdir」でもどちらでも大丈夫です。

構文

  • cd [ .. | \ ]
  • cd [ /d ] [ディレクトリ]
  • chdir [ .. | \ ]
  • chdir [ /d ] [ディレクトリ]

オプション

オプション説明
..親ディレクトリ(一つ上の階層)にカレントディレクトリを変更する
\ルートディレクトリにカレントディレクトリを変更する
/d[ディレクトリ]がドライブを含む絶対パスの場合、このオプションをつけることで、ドライブ変更ができる

使用例

いくつか使用例をご紹介します。
コマンドそのままコピーも可能ですが、実際にフォルダが存在しないとカレントディレクトリは移動できませんので、ご注意ください。

cd カレントディレクトリへ移動

cdコマンドでカレントディレクトリへ移動します。

c:\test\directory> cd

c:\test\directory

cd .. 親ディレクトリへ移動する

cd .. コマンドで親ディレクトリである、c:\testへカレントディレクトリが移動します。

c:\test\directory> cd ..

c:\test>

cd \ ルートディレクトリへ移動する

cd \ コマンドで、ルートディレクトリへ移動します。
この場合は、ルートディレクトリは「c:\」なので、「c:\」へ移動します。

c:\Data\Sample> cd \

c:\>

cd [ディレクトリ] 指定ディレクトリへ移動する

cd [ディレクトリ] コマンドで、指定するディレクトリへ移動します。
ただし、ドライブが異なる場合は、次項目の方法で移動してください。

c:\test> cd c:\Data\Sample

c:\Data\Sample>

cd /d [ドライブ:ディレクトリ] ドライブ含めてディレクトリを変更する

ドライブが異なる場合は、/dオプションをつけて、cd /d [ドライブ:ディレクトリ] コマンドでカレントディレクトリを移動します。

c:\> cd /d D:\test\directory

D:\test\directory>

もしくは、以下の方法でもディレクトリの移動が可能です。

c:\> cd D:\test\directory

c:\> D:

D:\test\directory>

まとめ

筆者は、/dオプションのことを最近まで知らず、長い間ドライブ移動して、カレントディレクトリを変更するといった2段階を踏んでいました。
知っているコマンドでも、機能を全て知らなかった。といったコマンドが他にもあるかもしれませんね。
良ければ実際にコマンドを打って試してみてくださいね!