python
アイキャッチ 猫

今回はPythonの環境構築について、ご紹介いたします。
まずは構築に伴い環境周りのご説明をいたします。

開発環境

開発環境はこちらの表のとおりです。
もちろんMac、Linuxでも導入できるようです。
Python、VSCodeは当時の最新バージョンをインストールしています。

OSWindows10 64bit
Python version3.8.3
エディタVisual Studio Code 64bit 1.45.0

VSCodeのインストールについては、こちらで紹介をさせていただいてますので、良かったら確認してみてください。
本記事では省略させていただきますが、もしインストールする場合は日本語の拡張機能も合わせて設定しておいた方が良いです。そちらも記事で触れています。

Pythonインストール

それでは、さっそくPythonをインストールしてみましょう。
コチラのサイトからインストーラをダウンロードします。
赤枠からダウンロードを開始してください。

Pythonダウンロード

ダウンロードが終わりましたら、インストーラを起動して、インストールを開始します。
ファイル名(例):python-3.8.3-amd64-webinstall.exe
赤枠「Add Python 3.8 to PATH」をチェックし、「Install Now」をクリックします。
チェックすることで、インストール時にPythonのパスを環境変数に追加することができます。
チェックを忘れた場合は、一度アンインストールしてからインストールし直すか、直接環境変数にPythonのパスを追加してください。

Pythonインストール

そのままインストールが開始されるので、完了するまでお待ちください。

Pythonインストール

インストールが完了したらこのような画面が出ますので、「Close」をクリックして、終了してください。

Pythonインストール

これでPythonのインストールは完了です。
インストールされたことを確認するため、コマンドプロンプトに「Python」と打ち込むことで起動することができます。
また、「python –version」でPythonのバージョンを確認できますので、この方法でもインストールされたことを確認できますね!

// バージョン確認
python --version

// 起動確認 (大文字・小文字は関係なし)
python

起動確認後は「exit();」でPython終了コマンドを打ち込んで、終了させておいてください。

// Python 終了コマンド
exit();

ちなみに、「スタート」→「Python3.8」→「IDLE(Python 3.8 64-bit)」で起動できる「Python Shell」でも同様に確認することができます。
このように対話形式でコマンドが実行できるため、このような機能を「インタラクティブモード」と言います。

IDLE起動

Visual Studio Codeの設定

先ほどもご紹介させていただきましたが、インストールと日本語化の設定はこちらを参考に設定してください。

Python 拡張機能をインストール

まずはPythonの拡張機能をインストールしていきます。
VSCodeを起動拡張機能Pythonを入力→インストールをクリックします。

Python 拡張機能をインストール

pyファイルを作成

Pythonは先ほどのような「インタラクティブモード」で実行することもできますが、プログラムファイルからの実行もできます。

「メニュー」の「ファイル」→「フォルダを開く」→フォルダを選択します。
フォルダがない場合はここで作成して選択してください。

フォルダを開く
フォルダを選択

ワークスペースの構成ファイルを保存するか尋ねられますが、今回は試しで実行したいだけなので、「保存しない」をクリックします。

ワークスペースの保存

画像のようにtestフォルダが選択されていますので、右クリックで新しいファイルをクリックします。

VSCode 新規ファイル作成

新しいファイルには”hello.py”と名前を付けます。

VSCode 新規ファイル作成
VSCode 新規ファイル作成

新しいファイルができたことを確認し、右上にコードを記述します。

VSCode print Helloworld
print("Hello world!");

「Ctrl」+「S」でファイルを保存して、ファイル作成が完了です。

プログラムの実行

プログラムが記述できたので、さっそく実行してみましょう。
簡単に2通りあります。
1.デバッグで実行
2.ターミナルでPowerShellにてPythonファイルを実行

デバッグで実行「F5」

まずはデバッグでの実行方法です。
「メニュー」「実行」から「デバッグの開始」をクリックするか、
「F5」を押して実行することができます。

デバッグで実行

Pythonのファイルをデバッグを実行するので、「Python File」をクリックします。

Python デバッグで実行

右下のターミナル画面に「Hello world!」が出力されていることを確認することができます。

Python デバッグで実行

PowerShellにてPythonファイルを実行

もう一つの方法としては、ターミナル画面でPowerShellからPythonファイルを実行する方法です。

右上の赤枠にある再生ボタンをクリックすると、先ほどと同様にターミナル画面に「Hello world!」が出力されていることを確認することができます。

ちなみに先ほどのデバッグ画面とPowerShellの画面の切り替えは画面中央にある赤枠で行うことができます。

ターミナル画面切り替え

まとめ

今回はPythonの環境構築とVisual Studio Codeでの動作確認について、ご紹介しました。
このページを閲覧して興味を持たれた方は簡単にできますので、ぜひ試してみてください!