Office
Advertisements

今回はMicrosoft Office 2019のボリュームライセンス版のインストール方法を紹介します。

経緯

Microsoft Office 2016まではVLSC(ボリュームライセンスセンター)にて
Windowsインストーラー(MSI)がダウンロードできていましたが、
Microsoft Office 2019からはWindowsインストーラー(MSI)が廃止となりました。

このことにより、Office 展開ツール(ODT)を使って
コマンドプロンプトやBATでインストールせざるを得ない状態となりました。

Office2019インストール方法(オンライン)

詳しく説明する前に、簡単にまとめるとインストール方法は以下になります。
Office 展開ツール(ODT)の「setup.exe」と、設定ファイルの「configuration.xml」BATで起動してインストールする形です。

1.VLSCよりプロダクトキーを入手
Microsoft:Volume Licensing Service Center

2.Office 展開ツールをダウンロード
Microsoft:Office 展開ツール(Office Deployment Tool)ダウンロード

3.Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成
Microsoft:Office カスタマイズ ツール

4.セットアップBATを作成し、実行

setup /configure configuration.xml

次項から詳細に説明します。

VLSCよりプロダクトキーを入手

Microsoft Office 2016までと同様に、
VLSCにサインインし、プロダクトキーを入手します。
Microsoft:Volume Licensing Service Center

Office 展開ツールをダウンロード

以下より、Office 展開ツールをダウンロードします。
Microsoft:Office 展開ツール(Office Deployment Tool)ダウンロード

1.上記サイトへアクセス。ダウンロード

Office 展開ツールをダウンロード

2.「officedeploymenttool_XXXXX.exe」がダウンロードされるので、ダブルクリック

Office 展開ツールをダウンロード

3.あらわれた画面の左下にチェックし、Continue

Office 展開ツールをダウンロード
Advertisements

4.展開先フォルダを指定すると、以下画面が出てくるので、OKすると展開完了

Office 展開ツールをダウンロード

すると、以下のファイルが展開されます。

Office 展開ツールをダウンロード

この中で必要なものは「setup.exe」のみです。
本来は「configuration-OfficeXXXX.xml」を元にして内容を書き換えて使うのですが、やり方がややこしく、変に書き換えるとエラーになります。
もっと簡単な方法(次項で説明)があるので、「configuration-OfficeXXXX.xml」は削除していただいて問題ございません。

(参考)configuration-Office2019Enterprise.xml
    見ての通り、どう変更して使えばいいのか非常に難しいです!
    こちらに作り方が書いてありますが、やはりややこしい!
    Microsoft:Office 2019 の展開 (IT 担当者向け)

Office 展開ツールをダウンロード

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

前項で「configuration-OfficeXXXX.xml」を書き換えるのは難解というお話をしましたが、
簡単に設定ファイルを作る方法として、以下のサイトで作成する方法があります。
順に進めていくだけなので非常に簡単です!
Microsoft:Office カスタマイズ ツール

1.製品とリリース

・アーキテクチャ
32ビット・64ビットどちらかを選びます。
32ビットでしか利用できないシステムがある!というわけでなければ、
使用できる領域の大きい64ビットを選びます。

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

・製品
「Office Standard 2019」 or 「Office Professional Plus 2019」を選びます。

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

・更新チャネル、アプリ
更新チャネルは、デフォルトの「Office 2019 永続エンタープライズ」です。
アプリは必要なアプリをオンにします。

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

2.言語

日本語を選択

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

3.インストール

インターネット環境があるのであれば、
「Office Content Delivery Network(CDN)」を選びます。
オフライン環境であればやり方が少し異なるので、後述します。

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

4.更新とアップグレード

・更新とアップグレードのオプション
「Office Content Delivery Network(CDN)」を選びます。

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

・アップグレードのオプション
こちらは既に2016以前のOfficeがパソコンにインストールされていた場合、
アンインストールする際はオンにし、しない際はオフにします。
旧バージョンを使わないのであれば、基本的には脆弱性の関係で削除した方がいいです。

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

5.ライセンスとアクティブ化

・EULA(ソフトウェア利用許諾契約)に同意にオン、
・マルチライセンス認証キー(MAK)をクリック、
・プロダクトキーを入力、
・自動ライセンス認証をオン
にします。

もし、社内でライセンス認証サーバーを立てている場合であれば、
MAKではなく、KMSクライアントキーをクリックしてください。

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

6.全般

あってもなくてもかまいませんが、組織名をいれます。

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

7.アプリケーションの設定

Advertisements

各ソフトに対して、細かい設定をするのであればここで選択します。

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

8.エクスポート

これで設定は完了ですので、エクスポート処理をします。

・既定のファイル形式
「現在の設定を保持する」を選択

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

・XMLへの構成のエクスポート
ファイル名を「configuration」とする

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

これで、「configuration.xml」が出来上がります。

(参考)先ほどの設定だと、以下の「configuration.xml」ができます。

Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

セットアップBATを作成し、実行

セットアップBAT作成

以下のセットアップBATを作成します。
メモ帳を開き、以下のコマンドを入力・保存します。
その後、拡張子を「bat」にして、セットアップBATの完成です。
ファイル名はなんでもいいですが、仮に「Office2019Setup」としましょう。

setup /configure configuration.xml

これで必要な準備が全て整いましたので、
全て以下の通り1つのフォルダに入れます。

セットアップBATを作成し、実行

セットアップBAT実行

「Office2019Setup.bat」をダブルクリックすると実行されます。

・インストール開始

セットアップBATを作成し、実行

・インストール完了(完了まで、大体10分~20分くらい)

セットアップBATを作成し、実行

これで、Microsoft Office 2019のインストールが完了しました♪

なお、今回はBATを使って実行しましたが、
コマンドプロンプトからセットアップコマンドを実行しても全く問題はないです。
ただその場合は、コマンドプロンプトを開いた後、
フォルダの階層まで「CD」コマンドで移動する必要があるので、個人的にはBATの方が楽です。

オフライン環境でのインストール方法

Microsoft Office 2019はオフラインでもインストールできます。
基本的な流れは「Office2019インストール方法(オンライン)」と同じですが、一部異なります。
方法は以下になります。

Advertisements

※1~4まではインストールデータのダウンロード等なので、オンライン。
 オンライン環境でダウンロードした後、USB等でオフライン環境に移します。
 5のインストールはオフライン可。

1.VLSCよりプロダクトキーを入手

Microsoft:Volume Licensing Service Center

2.Office 展開ツールをダウンロード

Microsoft:Office 展開ツール(Office Deployment Tool)ダウンロード

3.Office カスタマイズ ツールより、「configuration.xml」を作成

Microsoft:Office カスタマイズ ツール

基本的には「configuration.xml」は、
「Office2019インストール方法(オンライン)」と同じでいいですが、以下の箇所を変えます。

・インストール
ローカルソースをクリックし、インストールデータをダウンロードするパスを入力する。

オフライン環境でのインストール方法

個々で作成した「configuration.xml」が、
次からの項4、項5の共通の設定ファイルとなります。

4.ダウンロードBATを作成し、実行

次に、インストール用データを作成のためのダウンロードBATを作成します。

setup /download configuration.xml

これで以下の環境となり、ダウンロード準備ができました。

オフライン環境でのインストール方法

「Office2019Download.bat」をクリックすると、以下の通り、
インストール用データがダウンロードされていきます。

オフライン環境でのインストール方法

5.セットアップBATを作成し、実行

これでインストール準備は完成しましたので、
以下のセットアップBATを作り、実行すると、
オフライン環境でもインストールすることができます。

setup /configure configuration.xml

最後に

今回は、Microsoft Office 2019のボリュームライセンス版のインストール方法を紹介しました。

私自身、Microsoft Office 2019が出始めた際、
「configuration.xml」を自作し、少しの間違いでよく失敗したことを覚えています。
Microsoft:Office カスタマイズ ツール
なので、このサイトを発見したときは、簡単で非常にありがたかったです。

とはいえ、Microsoft Office 2016以前と比べると面倒くさいのには変わりはないので、
今後、今まで通りWindowsインストーラー(MSI)ができることを切に願います。
(MicrosoftがOffice 365を押している限り、でないのかもしれませんが。。)

さて、以上になります。今回の記事が何かの参考になれば幸いです。
ご来訪ありがとうございました♪ それでは。

Advertisements