【Excel】文字を上下反転(180度回転)させる方法

スポンサーリンク
Excel
スポンサーリンク

Excelで文字を上下反転(180度回転)させる方法を紹介します。
複数文字(文字列)も簡単に上下反転できますので、良かったらご参考にどうぞ♪

スポンサーリンク

文字を上下反転(180度回転)させる方法

文字を入れた図形を180度回転させることで、上下反転を実現します。

1.文字を入れた図形を作成します。

元

2.クリックし、〇箇所を掴んでひっくり返します。

文字選択

反転♪

以上です。簡単ですね♪

スポンサーリンク

使用例:フロアマップ作成

前項の使用例になります。

概要:スーパーのフロアマップを作成し、出入口に貼る。
裏出入口からもお客様が出入りするため、裏出入口側にも上下反転して貼りたい。

1.表の出入口から見たフロアマップを作成する。
この際、各文字を図形にしておく。

元のフロアマップ

2.画面右上の「検索と選択」から「条件を選択してジャンプを選択」
選択オプションが表示されるので、「オブジェクト」を選択すると、
図形全てが選択されるので、前項のとおり上下反転させる。

条件を選択してジャンプ

選択オプション

全てのオブジェクトが選択された

反転♪

完成

3.上下反転させたデータを、スクリーンショットしてペイントに貼り付け、
全て180度回転させて完成
(Excel上でコピーして、貼り付けた後、反転させると
文字が濃くなったりしてうまくいかない場合があるので注意です)

全体を回転させて終了

スポンサーリンク

セルに文字が一文字だけの場合のみ使える方法

使用用途が限定的なのであまりおすすめしませんが、
図形を使わず上下反転させる方法も紹介します。

今回は例として、以下の「字」という文字を上下反転させます。

元

以下の異なる手法の「左へ90度回転」を組み合わせ、180度回転させます。
1.フォントの前に「@」をつける。(「左へ90度回転」され、縦書きになる)
2.方向ボタンをクリックし、「左へ90度回転」をクリック

組み合わせて上下反転

このように一文字だけなら上手くいきます。

ただ、以下のように複数文字(文字列)の場合、
想定とは異なる結果(縦書き)となりますので、ご注意ください。

元

反転失敗

本ブログで一押しのオンラインスクールのご紹介♪




本ブログで一押しのオンラインスクール「Udemy」
筆者も利用しているスクールで、日頃の隙間時間に好きな講座が学べるので大活躍です♪

ジャンルが豊富で学びたい講座がきっとみつかる

AI・データサイエンスなど最先端のIT技術からプレゼンなどビジネススキルに関する講座まで15.5万以上(※海外講座含む)あるため、自分が学びたい講座をみつけることができます

お手頃な価格帯

1講座あたり数千~数万円程度で実践的なスキルアップが可能です。
講座は一度購入すれば視聴期限なく受講でき、30日返金保証もついているので安心して始めることができます。

学びやすい多彩な機能

0.5~2倍の変速機能で自分のペースで受講が可能、専用アプリを使えばスマホからオフライン環境でも視聴が可能です!
また、講師に直接掲示板から質問ができるので疑問を解決し自学自習をサポートしてくれます。

購入前に視聴できますので、是非興味のある方は↓をクリックしてみてください。




ExcelOffice
スポンサーリンク
nyanblog
タイトルとURLをコピーしました