Office
アイキャッチ 猫
Advertisements

Microsoft Officeの再インストールをした際に「Error 1706(エラー 1706)
というエラーコードでインストールできない場合の対処方法を紹介します。

Error 1706  

エラーの原因は?どんな状況で発生する?

Officeは「コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\プログラムと機能」
でアンインストール可能です。
ただ、この手法だとOfficeの一部が消え切れおらず、再インストールする対象が別のbitの場合、
「既に異なるbitでインストールされていますよ!」と競合してしまうようです。

私の場合、Office 2010の32bitから64bitに再インストールした場合にエラーが出ました。
調べてみると64bitから32bitも駄目みたいですね。

対処方法

Advertisements

対処方法は、

  1. 元々入っていたbitでインストール
  2. Microsoft公式のOfficeアンインストールツールで完全削除
  3. 新しいbitでインストール

です。詳細な手順は以下になります。
(説明は32bitから64bitにする内容にしていますが、
 64bitから32bitの場合インストール方法が逆転するだけで同様の手順です。)

1.元々入っていたbitでインストール

インストールCDを入れると、Setupを促されるので指示のとおりインストールします。

同bitインストール成功

画像の通り元々入っていたbitなら何事もなくインストールできます。

2.Microsoft公式のOfficeアンインストールツールで完全削除

Advertisements

以下サイトから、Officeアンインストールツールをダウンロードします。
(アンインストールツールの正式名称はMicrosoft サポート/回復アシスタント)  

Microsoft Support:PC から Office をアンインストールする

1.ダウンロードボタンを押してダウンロード

アンインストールツールダウンロード

2.ダウンロードしたexeファイルをクリックしてインストール

アンインストールツール  

3.インストールできたら、以下のような画面が出るので、Officeを選択

Office選択

4.「Office~アンインストールできません」を選択

選択

 

5.進めていき、最後に再起動の画面が出たら、再起動してアンインストール完了

最後

補足

「1.元々入っていたbitでインストール」を飛ばして
「2.Microsoft公式のOfficeアンインストールツールで完全削除」から始めると、
以下のように「Office製品は見つかりませんでした」と出てしまいアンインストールできないのでご注意ください。アンインストールできない

3.新しいbitでインストール

Advertisements

インストールCDを入れると、Setupを促されますが一旦キャンセル。
DVDドライブよりCDの中身を見ると、「x64」のフォルダがあるので、そこからインストール。
Microsoft Support:64 ビット版の Office 2010 をインストールする方法

インストール完了

最後に64bitになっていることを確かめてOffice再インストール完了です。

64bit

最後に

今回はMicrosoft Officeの再インストールをした際に「Error 1706(エラー 1706)」
というエラーコードでインストールできない場合の対処方法を紹介しました。
手順さえ分かっていれば簡単に対応可能なので、良かったら今回の記事を参考にしてご対応ください。

ご来訪ありがとうございました♪

Advertisements