映像入出力インターフェースとは【過去問解答解説付き】

スポンサーリンク
応用情報技術者試験
スポンサーリンク

応用情報技術者試験に頻出する
入出力インターフェースの映像入出力インターフェースについてまとめました。

スポンサーリンク

入出力インターフェース

入出力インターフェースとは

入出力

入出力インターフェースとは、コンピュータと周辺機器を接続するための規格の総称です。
例えば、身近なものでUSBやHDMIがあります。

映像入出力インターフェース

映像入出力インターフェースとは、
その名の通り映像コンテンツを入出力するインターフェースです。

今回は、映像インターフェースの中でも以下の主要なものを紹介します。
・D-Sub(D-Sub 15pin/VGA)
・DVI(DVI-D)
・DVI(DVI-I)
・HDMI
・DisplayPort

形状

サイズ感としては、
「DVI-D = DVI-I > D-Sub > HDMI = DisplayPort」です。

形状

(あまり重要ではないですが)
DVIについてはシングルリンクとデュアルリンクがあり、上記画像はシングルリンクです。
形状上の違いはピン数がデュアルリンクが多いことで、機能的な違いは解像度が同じくデュアルリンクが高いことです。

特徴

特徴
・近年の傾向

現在は、HDMI全盛期です。
D-Sub・DVIはまだまだ残っているものの、最新のパソコン・ディスプレイ等ではD-SubやDVIのついていない機種が増えてきています。
DisplayPortはHDMIと同様に小型で、解像度などHDMIよりも性能面で優れている部分があるものの、後発組のため他と比べあまり流通していません。
今後はDisplayPortも主流となる、かもしれませんね。

・接続方式(アナログ・デジタル)

D-Subなど古くからあるインターフェースはアナログ接続で、
現在の主流はHDMIなどデジタル接続になります。
アナログ接続の問題点としては、信号の変換をかける必要があり、変換の過程で画質が劣化するためです。
何故変換をかける必要があるかというと、
パソコンはもちろん、ディスプレイ等現在の出力装置はデジタルですが、
アナログ接続で伝送する際に、パソコンでデジタル信号をアナログ信号に変換し、伝送した後にディスプレイで再変換しなくてはいけないからです。

・伝送信号

HDMIとDisplayPortは映像だけではなく、音声も伝送可能な部分が大きな強みです。

・HDCP(著作権保護技術)とは

HDCPとは著作権で保護されている映像コンテンツが、
表示装置へ伝送中に不正コピーされることを防ぐための著作権保護技術です。

その他

・小型機器向け映像インターフェース
モバイルパソコンやタブレット等の小型機器では、
Mini DVI、Mini HDMI、Micro HDMI、Mini DisplayPort
が使われます。
それぞれピン数や性能は同じで、形状が小さくなっています。

スポンサーリンク

演習問題

実際の試験の過去問を解いてみましょう。

応用情報技術者試験 令和元年秋期 午前問11 問題

IPA 応用情報技術者試験(AP) 問題より

問11 PCとディスプレイの接続に用いられるインタフェースの一つであるDisplayPortの説明として、適切なものはどれか。

選択肢
ア DVIと同じサイズのコネクタで接続する。
イ アナログ映像信号も伝送できる。
ウ 映像と音声をパケット化して、シリアル伝送できる。
エ 著作権保護の機能をもたない。

応用情報技術者試験 令和元年秋期 午前問11 解答

「映像入出力インターフェース」で説明した内容を参考に、選択肢が正解か見ていきます。

ア DVIと同じサイズのコネクタで接続する。
  →不正解。DVIとDisplayPortでは異なる形状のコネクタを使用する。

イ アナログ映像信号も伝送できる。
  →不正解。DisplayPortではデジタル映像信号を伝送する。

 映像と音声をパケット化して、シリアル伝送できる。
  →正解。DisplayPortでは映像と音声を伝送できる。

エ 著作権保護の機能をもたない。
  →不正解。DisplayPortではHDCP(著作権保護技術)に対応している。

以上から、答えは「ウ」となります。

映像インターフェースの解説は以上です。

こちらに応用情報技術者試験の問題について、
解説を掲載していますので、良かったらご覧ください。

本ブログで一押しのオンラインスクールのご紹介♪




本ブログで一押しのオンラインスクール「Udemy」
筆者も利用しているスクールで、日頃の隙間時間に好きな講座が学べるので大活躍です♪

ジャンルが豊富で学びたい講座がきっとみつかる

AI・データサイエンスなど最先端のIT技術からプレゼンなどビジネススキルに関する講座まで15.5万以上(※海外講座含む)あるため、自分が学びたい講座をみつけることができます

お手頃な価格帯

1講座あたり数千~数万円程度で実践的なスキルアップが可能です。
講座は一度購入すれば視聴期限なく受講でき、30日返金保証もついているので安心して始めることができます。

学びやすい多彩な機能

0.5~2倍の変速機能で自分のペースで受講が可能、専用アプリを使えばスマホからオフライン環境でも視聴が可能です!
また、講師に直接掲示板から質問ができるので疑問を解決し自学自習をサポートしてくれます。

購入前に視聴できますので、是非興味のある方は↓をクリックしてみてください。




応用情報技術者試験資格
スポンサーリンク
nyanblog
タイトルとURLをコピーしました