【ヒューズ交換】シロカの電気圧力鍋が壊れたので自力で修理してみた

スポンサーリンク
アイキャッチ 猫電化製品
スポンサーリンク

今回は、故障したシロカ(siroca)の電気圧力鍋「SP-D131」の修理方法を紹介します♪

先日、シロカの電気圧力鍋をうっかり内釜をせず使用したところ、故障してしまいました。
ネットで検索してみると、どうも温度ヒューズが切れたことが原因で、
メーカーでの修理費用はなんと7000円強かかるとのこと…。

みみねこ
みみねこ

こ、これは自力で直すしかない……。駄目だったら新品を買えばいいや!

ということで、自力でのヒューズ交換にチャレンジすることにしました。

結果的には思ったより簡単に修理できましたので、
自己責任ですが試してみる価値ありかと思います♪

スポンサーリンク

修理に必要なもの

今回使用したものは、ペンチ、ドライバー、温度ヒューズ、圧着工具です。

温度ヒューズと圧着工具はAmazonで購入しましたが、
かかった費用は約1500円だけです。

・温度ヒューズ
既存のヒューズは142℃でしたが、調べてみると価格が高いので139℃にしました。
ヒューズは温度がXX℃を超えると溶断する過熱保護素子なので、
安全性を考えると142℃以下がよいかと思います。

・圧着工具
圧着工具の代用品としてペンチでできるかと思っていましたが、
硬すぎて圧着できなかったので専用器具を購入しました。

・小型ペンチ、プラスドライバー
ネジを外す際に使いました。両方100均で売っているもので大丈夫です。

スポンサーリンク

修理方法

方法としては、
裏蓋をとり、温度ヒューズを交換する」だけです♪

・小型ペンチの先で裏蓋のネジを回し、基盤を露出させる
※小型ペンチがなかったら、サイズの合うマイナスドライバーがあればなんとかなると思います。

中を開けるとこんな感じで基盤が現れます。
今回は、赤枠内の温度ヒューズを交換します。

・ネジをプラスドライバーで外す

・被覆をずらして、ヒューズの鉛線を小型ペンチや圧着工具で切断する
※既存のヒューズの線と新しいヒューズの線を圧着させるため、
 この際、なるべく既存の線を残すように切るのがポイントです。
 
 

こんな感じで切ります。

・新しい温度ヒューズを圧着工具を使い、金具で圧着

両端ができたら、元の通りに戻して完成です♪

・元に戻し、最後に電源をつけて確認
うまく修理に成功しました♪
もちろん、その後カレーや肉じゃが、角煮等々色々なものを作りましたが、問題なく作動しています。

みみねこ
みみねこ

はじめてやるので上手くいくか不安でしたが、思ったより簡単でした!
またうっかり壊しても、
次からは圧着工具があるのでヒューズ代だけで済みそうです。笑

カレーや煮物はもちろん、ピクルスやご飯も炊けちゃうので少なくとも週に1度は使っています♪
良かったら確認してみてください。

本ブログで一押しのオンラインスクールのご紹介♪




本ブログで一押しのオンラインスクール「Udemy」
筆者も利用しているスクールで、日頃の隙間時間に好きな講座が学べるので大活躍です♪

ジャンルが豊富で学びたい講座がきっとみつかる

AI・データサイエンスなど最先端のIT技術からプレゼンなどビジネススキルに関する講座まで15.5万以上(※海外講座含む)あるため、自分が学びたい講座をみつけることができます

お手頃な価格帯

1講座あたり数千~数万円程度で実践的なスキルアップが可能です。
講座は一度購入すれば視聴期限なく受講でき、30日返金保証もついているので安心して始めることができます。

学びやすい多彩な機能

0.5~2倍の変速機能で自分のペースで受講が可能、専用アプリを使えばスマホからオフライン環境でも視聴が可能です!
また、講師に直接掲示板から質問ができるので疑問を解決し自学自習をサポートしてくれます。

購入前に視聴できますので、是非興味のある方は↓をクリックしてみてください。




電化製品
スポンサーリンク
nyanblog
タイトルとURLをコピーしました