応用情報技術者試験

応用情報技術者試験に頻出する待ち行列理論についてまとめました。

待ち行列理論

待ち行列とは

平均アクセス時間の公式

演習問題

実際の試験の過去問を解いてみましょう。

応用情報技術者試験 令和元年秋期 午前問10 問題

IPA 応用情報技術者試験(AP) 問題より
問10 容量がaMバイトでアクセス時間がxナノ秒の命令キャッシュと、容量がbMバイトでアクセス時間がyナノ秒の主記憶をもつシステムにおいて、CPUからみた、主記憶と命令キャッシュとを合わせた平均アクセス時間を表す式はどれか。ここで、読み込みたい命令コードがキャッシュに存在しない確率をrとし、キャッシュ管理に関するオーバヘッドは無視できるものとする。

選択肢

応用情報技術者試験 令和元年秋期 午前問3 解答

 

このことから、答えは「ア」であることが分かります。

待ち行列理論の解説は以上です。

こちらに他の応用情報技術者試験のまとめについて掲載していますので、
良かったらご覧ください。
当ブログ「応用情報技術者解答解説」まとめページはこちら

今回の記事が何かの参考になれば幸いです。来訪ありがとうございました♪